ライフステージの変化で不動産売却するときのポイントとは?

query_builder 2022/08/06
ブログ
380731_1_0_0_1

ライフステージの変化で不動産売却するときのポイントとは?

この記事のハイライト
●出産をきっかけとした不動産売却では、早期売却のため売り出し価格を慎重に決めるのがポイント
●子どもが独立したときは、老後の暮らしを見据えた新居選びがおすすめ
●親が亡くなることにともなう不動産売却では、税金の控除や軽減税率の特例を利用できる場合がある


ライフステージが変化すると、そのときの暮らしにあった家への住み替えを検討する方が増えます。
そこで今まで住んでいた家を売却(不動産売却)したいと考える方も多いのではないでしょうか。
今回はライフステージの変化で不動産売却するときに知っておきたい、売却のタイミングやコツをご紹介します。
東松山市、小川町・嵐山町・ときがわ町・滑川町・吉見町・鳩山町・川島町で不動産売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。


\お気軽にご相談ください!/


ライフステージの変化による不動産売却:出産するときのケース

ライフステージの変化による不動産売却:出産するときのケース

ライフステージのなかでも、出産は大きなイベントの一つです。
出産で子どもが増えると、夫婦だけで暮らしていた家から広い家への住み替えを検討する方は多いです。
不動産売却によって得た資金を元手に新居を購入できるため、資金計画を立てやすい特徴もあります。


●早期売却のコツ

出産によるライフステージの変化で不動産売却する場合、出産に間に合うようにスケジュールを組まなければなりません。
そこで早期売却を目指すため、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。


査定価格よりも安い売り出し価格を設定する
早期の不動産売却を目指すなら、査定価格よりも安い売り出し価格を設定する方法があります。
相場よりも安い売り出し価格になるため、購入希望者に対する大きなアピールポイントになるでしょう。
なお売り出し価格を決定する際は、インターネットの検索条件に注目してみてください。
通常、検索条件の売却価格は500万円単位で設定されています。
たとえば査定価格が3,100万円となった場合、3,050万円で売り出しても検索条件でアプローチできる範囲(3,500万円以下)は変わりません。
そこで2,980万円に設定すれば、3,000万円以下の物件を探している方の目にも触れる可能性が高まります。
売却活動中に価格を見直す際も、検索条件を考慮した値付けをすると良いでしょう。


購入希望者の要望を受け入れる
購入希望者が見つかっても、売買交渉のなかでさまざまな要望を提示されることがあります。
早期成約につなげるためにも、可能な限り購入希望者の要望を受け入れるのがおすすめです。
そこで値下げの金額や取引条件など、譲れる範囲をあらかじめ決めておくと良いでしょう。


●不動産会社の買取を利用する

不動産会社の買取を利用すれば、売却活動をする必要がありません。
そのため出産予定日が迫っているなど、売却活動に時間をかけられないときにもおすすめです。
ただし、買取を実施している不動産会社や買取対象の物件は限られています。
そこで買取をご希望の方は、価格査定を依頼する際に確認すると良いでしょう。
私たち「おひさまハウス」では、買取に関するご相談も承っております。


この記事も読まれています|遠方にある不動産を売却する方法とは?流れや注意点を把握しよう!

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化による不動産売却:子どもが独立するときのケース

ライフステージの変化による不動産売却:子どもが独立するときのケース

ライフステージの変化において、子どもが独立するときも住まいを見直す機会となります。
家族構成が変化すれば、今までと同じ広さ・同じ立地の家を維持する必要はありません。
そのため夫婦の老後を見据え、早めに不動産売却して住み替えるのがおすすめです。


-子どもの独立で住み替えるメリット-

子どもが独立すると、子ども部屋などが不要になります。
また、通学を考慮した立地に住み続ける必要もありません。
そこで次のライフステージに備え、利便性の高い都心部に引っ越すといったケースが考えられるでしょう。
公共の交通機関や病院などの施設が充実していれば、老後も安心して暮らせます。
また今より小さな家に住み替えれば、維持管理にかかる手間や費用も抑えられるメリットがあります。


-子どもの独立で住み替えるデメリット-

子どもの独立により不動産売却する際は、築年数が経過していると考えられます。
そのため、物件の条件によっては高値での売却が期待できません。
またファミリー向けの物件なので、買い手は結婚や出産などのライフステージを控えた層が中心となるでしょう。
築年数で不利になりやすい分、若い夫婦や結婚予定のカップルにとって魅力的に感じられるようなアピールが重要です。


-リフォームの注意点-

不動産売却前のリフォームは、基本的には不要な場合が多いです。
リフォームにお金をかけるより、工事費用分だけ値下げするほうが、買い手にも喜ばれやすいでしょう。
不動産売却前にリフォームする場合も、どのような層に売却したいかによって、工事すべき箇所は変化します。
たとえば子ども部屋を書斎にリフォームすれば、子どもを持たないカップルにもアプローチしやすくなります。
在宅ワークの普及により、リビングや寝室だけでなく、それぞれの個室を求めるカップルも増えているためです。


この記事も読まれています|遠方にある不動産を売却する方法とは?流れや注意点を把握しよう!


\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化による不動産売却:親が亡くなるときのケース

ライフステージの変化による不動産売却:親が亡くなるときのケース

ライフステージの変化で不動産売却が必要となるのは、自宅だけではありません。
親が亡くなると、誰も住まなくなった実家を処分する必要があります。
そこで、相続により取得した不動産を売却するときのポイントを確認していきましょう。


-相続した物件を不動産売却するときの流れ-

不動産売却できるのは、その物件の所有者に限られます。
相続で取得した物件なら、相続登記により相続人へ名義変更する必要があります。
相続登記に必要な書類は、以下のとおりです。


  1. 遺産分割協議書
  2. 登記申請書
  3. 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡まで)
  4. 被相続人の住民票の除票
  5. 相続人全員の戸籍謄本、住民票の写し、印鑑証明書
  6. 不動産の固定資産評価証明書
  7. 不動産の全部事項証明書

なお遺言書がある場合、法定相続分にしたがって相続する場合は、遺産分割協議書と印鑑証明書は不要です。
登記手続きが完了したら、新たな所有者である相続人による不動産売却が可能です。


-相続時の不動産売却で利用できる特例-

親が亡くなることによる不動産売却では、相続税・所得税・住民税などの税金が発生します。
しかし一定の条件を満たしていれば、特別控除の特例を利用できる場合があります。
被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例
相続もしくは遺贈により取得した不動産を売却すると「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」を利用できます。
以下の条件に当てはまる家屋が、特例の適用対象です。


  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたこと
  2. 区分所有建物登記がされている建物でないこと
    • 相続の開始の直前において、被相続人以外に居住していた方がいないこと

また適用を受けるための要件は、以下のとおりです。


  1. 売主が、相続もしくは遺贈により被相続人居住用家屋および被相続人居住用家屋の敷地等を取得したこと
  2. 相続から譲渡までの間に、事業、貸付、もしくは居住のために使用していないこと
  3. 譲渡時点において、一定の耐震基準を満たすこと
  4. 相続開始日から3年を経過する日の属する年の、12月31日までに売却すること


この記事も読まれています|相続後の不動産売却に関する相談窓口はどこ?相続以外の相談先や費用も解説


まとめ

ライフステージの変化にともない不動産売却するときに知っておきたい、売却のポイントや注意点をご紹介しました。
どのような理由で売却するのかによって、気を付けたいポイントが異なります。
そこで、不動産売却や住み替えに適したライフステージの変化については、不動産会社までお尋ねください。


私たち「おひさまハウス」では、東松山市、 小川町・嵐山町・ときがわ町・滑川町・吉見町・鳩山町・川島町で不動産売却に関するご相談を受け付けております。

住み替えや相続した家屋など、ライフステージに合わせた不動産売却についても、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 比企郡嵐山町大字大蔵【戸建】お預かりしました!

    query_builder 2022/08/12
  • ローン残債があっても不動産売却は可能!売却方法や注意点をご紹介

    query_builder 2022/08/13
  • 比企郡ときがわ町大字鎌形【土地】お預かりしました!

    query_builder 2022/08/05
  • 比企郡ときがわ町大字田黒【戸建】お預かりしました!

    query_builder 2022/07/28
  • 入間郡毛呂山町大字下川原【戸建】お預かりしました!

    query_builder 2022/07/27

CATEGORY

ARCHIVE